鍵屋は鍵のプロ

鍵紛失・鍵折れなど鍵トラブルを鍵屋が解決

鍵

鍵の歴史

鍵は紀元前2000年頃には存在していたエジプト錠と呼ばれる木製の錠が始まりであり、原理は現在のシリンダー錠と同じようなものであったといわれています。その後、エジプト錠の原理を利用して、より精巧なパラノス錠が考案されました。ローマ時代に入ると地中海周辺で南京錠が広まり唐を経て日本に広がったとされています。この錠が日本最古の錠であり海老錠と云われています。さらに中世ヨーロッパになるとウォード錠が広まりました。このウォード上に権力者たちは複雑な模様を刻むようになり模様の美しさを競ったり、紋章や組み合わせ文字などが刻まれている錠など、この時代では扉の開閉という鍵の役割よりも富弥権力の象徴として鍵は存在していました。その後、タンブラー錠の登場や、19世紀末には現在も使用されているシリンダー錠が登場しました。

現在の錠には、鍵穴のあるシリンダー錠だけでなく鍵穴の無い電子錠と呼ばれる錠も多数登場しています。
電子錠によって多種多様な機能が付いており、例えばカードキーや携帯電話での開錠を行うことができる錠や、指紋認証や入退出管理でセキュリティ強化のできる錠などがあります。

シリンダー錠や電子錠などを長年使っていると故障不良します。鍵修理や鍵交換など錠の事は鍵屋に相談すれば鍵のトラブルを解決してくれます。

また、玄関ドアや勝手口などの鍵が古いと鍵のイエローカード、防犯上注意が必要です。鍵屋に新しい防犯キーに取り替えてもらいましょう。

おすすめの大阪府の鍵屋をご紹介します。
大阪の鍵屋が鍵開け鍵交換などで大阪府内の鍵トラブル解決

その他、鍵屋検索のレスキーというサイトもあります。
Googleなど検索エンジンで鍵屋無料出張 レスキーで検索してみてください。